メインビジュアル

これなんぼ

『これなんぼだと思う?』関西の人がお得に購入した時に、値段を尋ねてくるお決まりのルールです。

ねぎってなんぼの関西人ではなくても、少しでも安く買いたい!と思うものです。海外旅行へ行った時に日本で買うより安い~!と、鼻息荒くフガフガッとお目当てのブランド品を買ったり、コスメティックをまとめて買ったりと、お目当ての品がなくても何か買わないと気が済まない!だって安いんだから。といった心理状況になってしまいます。

もちろんそれは、セール会場でも同じです。人が手に取っている品がやたら欲しくなってしまいます。手を放した瞬間に『ガシッ』とその品を手に取ってしまう・・・。少しでも安く買いたい!という心理がそこまで欲しいと思わなかったものまで買ってしまうこともよくありますが、それでも『安く買えた~♪』という満足感が満ち溢れてきます。

アウトレットまでショッピングに行ったら、欲しかったあれが安い!これも欲しかったんだよね!そうそうこの色が今年の流行色!とばかりに、アウトレットは普通よりも安く購入できるという心理状況も働いてハッと気が付くと、手にはたくさんの紙袋。

軽い品物だったら全然OKでガシガシ買っちゃいます。紙袋が増えていってもお構いなし。すっごい安いものだったら大人買いで色違いで買ったりしたり。両手に紙袋を抱えながらふらふらと食器のショップに入って、食器なんかを買ってしまった日にはあたたたた・・・と指が引きちぎれそうになってしまいます。

食器目当てでアウトレットに行ったはずではないのに、気が付けば買ってしまっている。安い!という心理なんですね~

そして『少しでも安く!』買いたいと思うのは、ブランド品やコスメティックに洋服ばかりではありませんよね。日常生活を送るうえで欠かせない【食料品】やっぱりこれも少しでも安く買いたくなります。スーパーに出かけて【広告の品】と書いてあると、安いという心にスイッチが入り【おひとりさま2個まで】な~んて書いてある時には、こんなに安いのならば買わなくてはいけないっ!!とまだ家には常備されているものであっても、これは買わないとね~としっかり買い物カゴに入っている経験ありませんか?!もちろんこれがなくては生活できないという物ではありません。たまたまスーパーに行ったら、安くて買っちゃった!という場面ですね。

ではでは、買いたいもの。広告のチラシを見ていて「おっ!これ安い!ちょうど無くなる頃だし買っておこう~」と思って買い物に行く場合はどうでしょうか。最初はまず、お目当ての広告の品を買い物カゴに入れます。そのままレジに直行できるなら、とっても買い物上手ですね。必要な品物を安く買うことができたんですから。

でも、でも・・・ついついウロウロしてしまって余計な物までも買ったり、レジに行く途中で買う予定になかったものを買ってしまった。。ということもよくありますよね。せめて目当ての広告の品だけを購入していたらOKですが、広告の品が欲しくて出かけたのに、肝心の目当ての品を買うことを忘れて別の物を買って帰ってしまった・・・ そんなことも1回はありませんか?!目当ての品までたどり着く前に「これ安い。」「これ無くなりそうだった」と買い物をしているうちにそのままレジに通り、途中で慌てて目当ての品物を買っていない事に気づいて、またレジに並び直したりした経験も誰でも1回ぐらいはあるのでは?!アニメのサザエさんでも、サザエさんはうっかりやらかしてます。

激安スーパーに行けば行くほど、そんなうっかり忘れちゃった!ということが多くなるような気がします。あれやこれやとお菓子など安い!!と買っているうちに、買わなくてはいけないお醤油を買い忘れた・・・。激安スーパーに行くときこそは、しっかりメモで買うべきものをリストアップしてお店へ急ぐのが一番ですね~

激安スーパー

激安スーパーもしくはディスカウントショップと聞くと【ドン・キホーテ】【OKストアー】【卸・業務用スーパー】そしてアメリカからやってきたアメリカのスーパー【コストコ】などが思い当たると思います。そして、もちろん地方によってそれぞれ地域の住民の方々からあそこは安い!と言われているご当地スーパーがあると思います。

そんなご当地激安スーパーで、とってもユニークな営業日スタイルが売りのスーパーが静岡県にあります。

【ビッグ富士】という名前のスーパーで静岡県内で7店舗、【エブリィビックデー】という名前で8店舗展開しています。

【ビッグ富士】がとってもユニーク点は、営業日が週4回ということです。木曜日から日曜日までの週4日という営業スタイルです。【エブリィビックデー】はエブリィというネーミングの通り、毎日営業しているスタイルですが株式会社ビッグ富士が営業を開始したのは、【ビッグ富士】で週4日の営業からスタートして、どんどん店舗数を増やしていきました。

ビッグ富士

静岡県の浜松市・裾野市・焼津市・袋井市などで営業展開していますが、1号店は浜松市笠井街道です。浜松市の3号店目となった入野店を例にとってどんなお店なのか見ていきたいと思います。

音楽

どこのお店でも、お店のテーマソングが流れています。家電量販店でもお店のテーマソングがエンドレスに流れていますがビッグ富士のお店のテーマソングがエンドレスでかかっています。それも小さい音量ではなく、しっかり歌詞が聞き取れるぐらいのボリュームです。そして耳にこの曲が残って離れないのであります。気が付けば買い物が終わって帰りの車中でも口ずさんでしまう程の中毒性が高いビッグ富士のテーマソングです。

しかも、そんなに上手な歌手ではなくて子どもが歌ってるの?!と思ってしまうぐらいの歌唱レベルであまり上手ではなりません。それだけに妙に耳に残ってしまうんです。そして歌詞の中には、ビッグ富士のキャッチフレーズ【ご予算半分、買い物2倍】というのもしっかりメロディラインに入っていて、一度聴いたら病みつきになる曲です。

おいしさビッグ 安さもビッグ

ずばり新鮮 ビッグふじ~~~~!!

ご予算半分 買い物2倍 (ずんずんずずんと大きな音が入る)

な~んで~も そろいぃーー とうかいめーいーぶつ~~~~

きゅーじつはーー ビッグ びっくふじぃーーーーーーーーー♪♪

これがエンドレスで流れます。この短い歌詞がエンドレスで流れているので、気が付けば口ずさんでしまいます。歌にもあるようにとうかいめーいーぶつーー(東海名物)ですので、静岡県に行った時には一度チラッと覗いてみるのも楽しいかもしれません。

店舗動線

エンドレスで歌が流れる店内に足を一歩踏み入れると、そこは一方通行です。

まず入り口でカートにカゴを入れます。そしてそこからレジまではずっと一方通行になっているんです。お店の入り口付近には缶詰やボトルコーヒーなどが山のようになっていて、例えば1.5リットルのコーラが128円などで売られています。

店内入口すぐからは野菜や果物のコーナーになっています。歩く通路はカート2台が平行で並べるかどうか?の狭さで実際の所、追い抜きするのも難しいぐらいです。だいたいお買い物するときに、カートを押しているママに子どもやパパというケースが多いので、普通のスーパーのような通路の約3分の1ではと思う程の狭さです。

そして狭いからならでは、通路の両側にある商品棚に手が伸びるともいえます。

前の人がとろいから追い抜きたいなぁ。という時には、カートは諦めて自分がカゴをずっと持ち運ぶぞ!という気合いが必要になってきます。

野菜コーナーを終わると、次は総菜コーナー&お肉コーナーです。ビッグ富士の関連会社から仕入れしているので、とにかく安い。そしてお店ではメイン商品になっているので、新鮮で美味しいお肉を提供するというのがポリシーだと。

お肉コーナーの次が終わると途中でパンコーナーがありますが、『あっ!買い忘れた!』とお肉コーナーまで到達していて野菜コーナーへ戻ることは無理です。

お肉コーナーを終えて、店舗の動線は鮮魚コーナーへと続いていきます。

鮮魚コーナーにはお寿司コーナーも併設されていますが、冷凍系のシーフードもこのコーナーになっています。ここまで来るとゴールのレジまであともう少しになっています。ここまでくると、カートの中はかなりの食材で埋まって切れるはずです。鮮魚コーナーは涼しいので、ちょっと頭を冷やしてこれって買うべきものだったの?!と思ってもいいかもしれません。まだここならやっぱりいいや。と買わなくていい物をその場所まで戻れる時でもあります。

いよいよビッグ富士のラストコーナーになりました。そこはレジのコーナーで、レジにはもちろん行列になっています。そしてアイスや広告のチラシで目玉商品でもある卵が売られています。ちなみに卵1パックですが、チラシの中でも値段がその日その時間で違います。1組1パック限りで一番底値が15円(最終日の朝開店~昼12時まで)で、一番高い時でも同じく1組1パック限りで38円です。(午後3時~夜8時)

会計を終えて、ようやく店舗外に出ることができますが一方通行ということもあって、買いたいものを忘れたときには戻れない!!という心理が働くので、ついつい買いすぎてしまう傾向になってしまいます。それを狙ってあえて一方通行狭い通路とお店側もしているのだと思いますが。。。そして店内には♪ご予算半分買い物2倍♪の耳に残るメロディーがずっと流れています。

まとめ買い

週4日(木曜日~日曜日)の営業スタイルは、まとめ買いをしましょう!という提案からです。日曜日に売りつくしてしまうので、日曜日の夕方は午後5時~7時までは精肉・鮮魚・青果・日配物が売り尽くしセールになります。あえてその売り尽くしの時に、徹底的に安く買おう!と考えてかなりお得に買えますが、このお肉が欲しいとかこのお魚が欲しいと思っていたものが売り切れになっていることも考えられます。

日曜日に売り切ってしまうので、お肉や鮮魚なども新鮮というのがお分かりになると思います。そして生活必需品の醤油や油などは、自社ブランドではなく私たちがよく知っているメーカーの物しかありません。最近はコンビニでもプライベートブランドが多く見られますが、ビッグ富士は昔からよく目にしているメーカーの物だけです。

これはお店側が売れ筋を大量仕入れしているからこそ、お客様に安く提供している。とうたっていますが、本当にすごい大量にどっかーーーーんと陳列しているので圧巻です。自社ブランドってなんか嫌なのよね~という方などは、馴染みのある商品名を見てそして普通のスーパーとの値段の違いを知っているだけに、ついつい手が伸びて買ってしまうのかもしれません。なんといってもレジまで一方通行で戻れないスーパーですから。